ひとりの時間が必要なんです。

おひとりさま街道をひた走りながら日々感じたことをただつらつらと書いてます。

ファイティン!

昨日、会社でボスからやった仕事をほぼ全部修正されたんです。

 

で、まぁわたしも反省して、次までに修正して提出せねば!

と色々試行錯誤してたんです。

 

その時の顔がひどいしかめつらだったようです。

 

Amelia's Sad Face

 

先輩がはたからその一部始終を見ていまして。

 

となりに来て、

 

「オマエずーっと顔しかめっ面で、一点見つめとったぞ。大丈夫か?」と、

 

そして続けて、

「ボスに手取り足取り教えてもらって、うちはそういうやり方だからしかたないけど、よそじゃ、もう仕事発注してもらえないで終わりだからな」

 

と…

 

わたしこの一言に凹んだんですよね。

 

 

修正されたこと自体には、反省してましたけど落ち込みはしてなかったんです。

まぁ自分の中にも理由があったりするので、次はきちんとやらなきゃってことしか思ってなかったんですけど、先輩に言われた一言で凹みました。

 

確かにその通りなんです。

よその現場で、それやってたら仕事できない人って言われて次の案件任されないってことだと思います。

 

だからそこはしっかりミスなくやらないといけないのですが…

 

うちの会社だからやっていけてる…

はぁー

 

Sigh

 

 

わたし、実は独立しようかと考えてたんです。

 

今の環境で仕事するのがもう限界な気がしてしまったんです。できればもっと他の現場でやってみたい。違う環境で自分の世界を広げたいと思っていたんです。

それが…

外じゃ通用しないと先輩に言われたっていう…

 

 

なんかのお告げですかね?

 

そうですよね。

奢った考えだったのかな…気がつかないうちに実力もないくせに偉そうになってたのかな、わたし。

 

そう考えると今の職場はほんとにありがたいほど自分に期待してくれていて仕事を任せてくれるんです。

恵まれてるなと思うし。

うちのボスはなんといっても優しいんです。

 

だからほんとに感謝はしてるんですが…

 

謙虚に受け止めコツコツ結果だしていくしかないですよね。

 

うん。

ファイティン!